“生きる喜び”完成

こんばんはkokoroです。

先日依頼頂いていた“生きる喜び”がテーマの絵、完成品を披露します☆♪

 

生きる喜びがテーマですが

ご依頼者さまはプレゼント用にとの事でした☆♪

旅行が好きな方へと、もう一度旅行に行きたいと思ってもらえるような絵にしてほしいと依頼を受けました。

ビックベンが描かれていますが西洋をモチーフにきらびやかな光。

ビックベンとカーテンの間にマットを入れました身近な存在として感じてもらいたいと思いました。

手を伸ばせば届くような、希望の絵にしています。

 

kokoro

 

 

 

 

1+

絵画制作「生きる喜び」1

こんばんはkokoroです

最近描いた絵の制作過程を載せて行きます

“生きる喜び”がテーマのご依頼でした

 

海の見える風景を感じてもらいたくて花のカーテンを描いています

その向こう側に違う景色を写し出そうと思います。

 

kokoro

 

1+

アールブリュット2019行って来ました!

さっそく本日から始まった高松学習館での展示

 

 

僕は高松学習館の展示で、1番上の絵がぼくのものになります

テレビドラマ「グッドドクター」で採用されたのですが

見ににこられた方から大変喜んでくださいました、2話に登場したシーンが出産だったため自分の時を思い出してすこし

泣いておられました(T_T)

 

ありがたい❗

他にも沢山展示してありますので是非お越し下さい。

ペンギンや動物の模型?もとても可愛くてその世界に入り込んでしまいそう!

では!是非ご覧になってください!

https://artbruttachikawa.wixsite.com/artbruttachikawa/2018-4

kokoro

1+

☆youtuberのひろみさんと対談いたしました☆

こんばんはKOKOROです
先日youtuberのひろみさんとSkypeで対談対談を行いました。

こちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=KCEkqg3_psI

発達障害についての対談です、発達障害で困った事やこれまでの経験、悩み、いまやっている仕事や近況などお話しいたしました。その第一弾になります。ぜひご覧ください

多少回りくどい話し方をしてしまいましたが、とてもいい勉強になりましたしひろみさんの優しい雰囲気にも助けられリラックスして話すことができました。

対談の経緯ですがyoutubeでアスペルガーについて語っている人がいるのではないかなと思ったのがきっかけで、たまたまひろみさんのチャンネルでSkype対談をされている動画を見つけました。

対談相手を募集していたので気軽に連絡しました

普段の僕からすればあまり考えられない行動で、メールを送った後「あれ?なんで連絡したんだろう」と思うくらい普段は受動的ですし臆病なので。

以上が対談の経緯ですが、やって良かったなと思います、自分の喋り方や声の出し方など勉強になることがとても多かったです。☆

発達障害は客観性が弱いと聞きますがそういった意味でも勉強でした。

それとひろみさんの世界旅行の話やうつが改善されていくまでの話が聞けて良かったです、ひろみさんは他にも動画を沢山あげていてとても勉強になるのでぜひご覧ください。

 

Kokoro

1+

アール・ブリュット立川 2019年

今日はKOKOROです

今年のアール・ブリュット2019参加する事になりました
僕は高松学習館での展示になります、コーナーを作ってくださるようなので
いつもより少し数が多くなるかもしれません。

↓詳細です

https://artbruttachikawa.wixsite.com/artbruttachikawa/2018-4

 

以上になります

よろしくおねがいいたします。

KOKORO

2+

Twitterはじめました☆

こんにちはkokoroです☆゜

先日Twitterを始めたのでお知らせを♪↓

https://twitter.com/kokoro_enpitu

こちらではblog更新のお知らせとか

◆発達障害関連の情報

◆あるある

◆ポジティブデータログ(ネガティブもあるかも…)

て感じの内容を発信していこうと思います*゜

よろしく( ・∇・)

 

kokoro

 

1+

風景

こんにちは

ぼちぼち描いてます*゜

窓の向こうの世界に☆

 

kokoro

2+

☆ハンターハンター☆

 

こんにちはkokoroです

最近絵を載せていなかったので久しぶりの絵を載せます☆

かなり昔にハンターハンターという漫画を少しオリジナルにしたものを描きました、台詞はありません(^^)/

途中で終わってるけど…☺

ハンターハンターで検索してもらえれば何となく雰囲気は似てるかなと思います。

 

kokoro

 

1+

アスペルガーの雑感《優しさは想像力》

※個人的な感想ブログ☆

こんにちはkokoroです

またしばらく空いてしまいました。

先日ブルーピリオドという漫画の最新刊がでて、色々考えて、頭の中でまとまらないけど、アスペルガーの雑感では、優しさってなんだろな?て事が書きたいのだと思います、多分。

キレる若者は物語が切れている/五木寛之

と言っていた。物語が切れるというのは何かをした結果相手が傷つくとか、何かをしてあげないと困る人がいるとかそうゆう想像力の事だと思うのです。

ブルーピリオド

“君は溺れてる人がいたら救命道具を持ってきても海に飛び込む事はしない”
“正しい場所からしか話せないなら、アタシからお前に話すことは何もないね”

という台詞が印象的、物語の中身はまだ理解できていない、でも正しい所から物をいう人は優しいだろうか?

一緒に飛び込んで苦しみを共感共苦する事のないひとを優しいと思えないかもしれません。

先日あった出来事、

クリスチャン5人組の人とホテルのフロントで話してた、入り口から両手松葉づえのお爺さんが入ってきた、その時に両手松葉づえだから階段無理、エレベーターのボタン押せないと「想像」出来ました

クリスチャンは“隣人を愛してるから”真っ先に助けにいくだろう、ホテルマン?は仕事だからボタンを押しに行くのだろと思っていた。

僕は正直「どうでもいいと思っていた」

結果ホテルマンは一歩遅く、またクリスチャンはくっちゃべっている、ボタンを押したのは僕だった、善意など無いぼくがボタンを押していて、優しさ代表みたいな人たちがなにもしない、正直年寄りなんてどうでもいいもんね、、

“正しい場所からしか話せない”って言葉あのクリスチャンにぴったりだと思いました。

彼らは常に正しい事を言い人を愛してると言う、そのくせなにもしない彼らへの腹いせとして僕はボタンを押したのです。

優しさは想像力

そのクリスチャンの一人が

「アフリカでは貧しいのにみんな笑顔で生きている、日本は恵まれているのに心が病んでいる、彼らに学べる事があると思う」と残酷な事を言った。多分教科書で読んだんだろね。

このクリスチャンの人は発展途上国に行ったことが無いのだろう、

彼らが笑顔で近づいてくるのは日本人はお金をくれるから

写真を撮らせればお金がもらえるから

貧しくて仕方がないから

僕が行った国は足の無い人

家が無い人

飢餓で死ぬひと

親を亡したひと

沢山いました

町のウインドウには骸骨が山積み

僕らが泊まったホテルは出航2日後に空爆にあいました

ぼくはそんな彼らが笑顔なのは貧しさの象徴であり幸福ではないと想像しています。彼らの笑顔をみたときその裏にある悲しみは想像力。

妊婦さんや年寄りがいたら優先席に座る若者に「席を譲れと言う人がいる」譲れと言うのが優しさだと思うのでしょう、

その若者が妊婦さんかも知れないと想像出来ないのでしょう

その若者が内部障害を抱えているとは思わないのでしょう。

別の人に譲って欲しいとは言わない

自分は海に飛び込まないのです、正しい所から「我こそは人権主義」と叫ぶ。

 

優しさは想像力、というお話でした。

kokoro

 

 

 

 

3+